よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ『茨城球児応援部』


甲子園出場校探訪記 甲子園出場歴のある強豪校にインタビュー!

第7回 取手第一高等学校


通算4度の甲子園出場

「黄金期をもう一度」 

 夏3回、春1回の出場を誇る、取手第一高校。1968年の第50回全国高等学校野球選手権大会で甲子園初出場を果たしました。

 翌年の第51回大会へも2年連続で甲子園へ出場し、宇部商(山口県)を2―1で初勝利を遂げ、さらに1972年には県勢初の選抜大会にも出場を果たすなど、県勢屈指の伝統校です。

 最後の甲子園出場から45年。甲子園を目指す取手一高ナインの活躍が期待される。


伝統の証

過去に甲子園出場した年を知らせるパネル脇は5度目の出場を願い、空白のものが掲げられています。

〈甲子園出場年〉

 1968年(昭和43年)

 

第50回全国高等学校野球選手権大会 一回戦敗退

 など

 


(取材日:2018年3月)


2018年4月号(vol.049)には、

もっと詳しい取手第一高等学校野球部の情報を掲載中です。ぜひご覧ください!


よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ

『茨城球児応援部』は、毎月20日に読売新聞と一緒に届く「よみうりMOVEダイジェスト」で連載中です!

過去の出場校や、学校の歴史、選手に詳しくなって、高校野球を誰よりも楽しみましょう!!