よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ『茨城球児応援部』


甲子園出場校探訪記 甲子園出場歴のある強豪校にインタビュー!

第4回 土浦第一高等学校


「地域から愛されるチーム」で

60年ぶりの甲子園を目指す

 土浦一高は1957年(昭和32年)、第39回全国高等学校野球選手権大会に甲子園初出場を果たしました。OBには取手二高や常総学院を日本一に導くなど全国区の名将として知られる木内幸男さんやプロ野球の阪神タイガースで選手、コーチ、監督までを務めた安藤統男さんなどがいます。

 選手の自主性を尊重した指導方針となっており、新チームとなってからは定期的に様々な体力面を含む数値を測定し、体づくりと技術の向上に努め、60年ぶりの甲子園出場に向け新たなスタートを切っている。


伝統の証

校内には甲子園出場を決めた北関東大会優勝カップなどが展示されている。

〈甲子園出場年〉

 1957年(昭和32年)

 

39回全国高等学校野球選手権大会 二回戦敗退

 

 


(取材日:2017年12月)


2018年1月号(vol.046)には、

もっと詳しい土浦第一高等学校野球部の情報を掲載中です。ぜひご覧ください!


よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ

『茨城球児応援部』は、毎月20日に読売新聞と一緒に届く「よみうりMOVEダイジェスト」で連載中です!

過去の出場校や、学校の歴史、選手に詳しくなって、高校野球を誰よりも楽しみましょう!!