最新記事

よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ『茨城球児応援部』
甲子園出場校探訪記 甲子園出場歴のある強豪校にインタビュー!

第11回 日立第一高等学校


34年ぶりの甲子園出場へ    「白堊の球児」が挑む

 1985年(昭和60年)の夏に甲子園へ初の出場を果たした同校。第67回全国高校野球選手権茨城県大会の決勝戦(対土浦三)で、日立一は七回二死から六連打で5点を奪って延長に持ち込み、劇的なサヨナラ本塁打で甲子園出場を決めました。その後、強豪市立の台頭などもあって思うような結果を残せずに月日は流れた。日立一が再び脚光を浴びたのは2012年。秋季大会で13年ぶりの8強入りを果たし、翌年春のセンバツ21世紀枠候補に。選ばれなかったが最終候補まで残った。また、2015年夏の茨城大会では快進撃を見せ、決勝へ進出、2度目の甲子園まであと一歩のところまで迫ったものの、届かなかった。今後の日立一の活躍に期待したい。  


伝統の証

監督室には甲子園初出場を果たした当時の記念品が飾られている。

 

〈甲子園出場年〉

1985年(昭和60年)

  

67回全国高等学校野球選手権大会 三回戦敗退

 

 

 

 


(取材日:2018年9月)


2018年10月号(vol.055)には、

もっと詳しい日立第一高等学校の情報を掲載中です。ぜひご覧ください!


よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ

『茨城球児応援部』は、毎月20日に読売新聞と一緒に届く「よみうりMOVEダイジェスト」で連載中です!

過去の出場校や、学校の歴史、選手に詳しくなって、高校野球を誰よりも楽しみましょう!!