最新記事

よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ『茨城球児応援部』
甲子園出場校探訪記 甲子園出場歴のある強豪校にインタビュー!

第8回 土浦日本大学高等学校


春夏通算5度出場の名門      昨年の覇者が連覇に挑む

 夏3回、春2回の出場を誇る、土浦日本大学高校。1974年の第56回全国高等学校野球選手権大会では初戦で前・読売巨人軍の原監督擁する東海大相模(神奈川)と対戦。延長16回に及ぶ激戦で惜しくも2—3で敗れたもの、記憶に残る名試合を展開しました。

 昨年(2017年)、夏の県大会を制し甲子園へ出場した同校。連覇の快挙を目指し、2018年夏も「全員野球」で駆け抜けます。


伝統の証

練習グラウンド。学校からバスで約30分のところにあり、屋根付きブルペン2ヶ所と室内練習場やサブグラウンドなど充実した設備が整っています。

 

〈甲子園出場年〉

1974年(昭和49年)

 

 

 

56回全国高等学校野球選手権大会 一回戦敗退

 

 など

 

 


(取材日:2018年4月)


2018年5月号(vol.050)には、

もっと詳しい土浦日本大学高等学校の情報を掲載中です。ぜひご覧ください!


よみうりMOVE的、茨城高校野球ファンページ

『茨城球児応援部』は、毎月20日に読売新聞と一緒に届く「よみうりMOVEダイジェスト」で連載中です!

過去の出場校や、学校の歴史、選手に詳しくなって、高校野球を誰よりも楽しみましょう!!